人と動物の
健康づくりを通して、
社会に貢献していきます

これからの時代に求められる価値を提供していくために
森久保薬品は、創業以来「人と動物の健康」をテーマに、関東エリアを中心に動薬事業を展開し、大都市圏の食の供給を担う関東においてトップシェアを獲得しています。こうした躍進は、「お客様の満足」に飽き足らず「お客様に感謝される」ことを目標に、日々努力を重ねてきた結果にほかなりません。畜産においては、食に対する安心安全への関心が高まるとともに、グローバル化の中での質の向上やブランドの確立など競争力の強化が求められています。これからの時代に求められる価値を提供していくためには、大きな変革が必要です。時代の変化を見据え、畜産農家の方々のご要望に広く応えられるよう、ディーラーとして新しい時代に相応しい企業へと脱皮を図るべく、今回、小動物部門を分社化し、森久保薬品は産業動物部門に特化した企業としました。
一人ひとりの人間性とスキルを
高め、
お客様の真のパートナーとして選んでいただける存在に
畜産農家と一口にいっても、エリアや規模、経営形態によって、ニーズは一軒一軒異なります。わたしたちの強みは、各畜産農家が抱えている悩みや課題をお聞きし、一緒になってその解決策を考えていけるところにあります。畜産を取り巻く市場や環境の大きな変化の中で、お客様の経営に寄与し、満足度を高め、感謝していただけることを第一に、信頼を得られる真のパートナーとして、畜産動物の健康を守り、消費者が安心できる食品の提供を支えていきます。そのために要となるのが、人材の力です。「企業は人也、人は心也」という理念のもと、一人ひとりの人間性とスキルを高め、お客様に感謝され、ひいては社会に貢献できる企業を、これからも変わることなく目指し続けていきます。
森久保薬品株式会社 代表取締役社長
 森久保 貴彦